- 概要 -

2019年1月30日(水)17:00スタート@株式会社オムニバスにて、
クレディセゾン・オムニバス・KaizenPlatformの3社が各々取り組んで来たデータドリブン経営の実現に向けた、成功や失敗事例とそこから見えて来た、2019年度に中心となりそうなデジタル戦略の論点をお話しします。
今回は、前 ローソンエンターメディア代表取締役社長、現 有限会社オフィスフレンジー代表 野林 徳行氏、株式会社ローソン 経営戦略本部 次世代CVS統括部 兼 商品戦略本部 マネージャー 小林 敏郎 氏をゲストスピーカーとしてお迎えをし、成功へのキーとなるポイントを事例を元に生々しくお伝えいたします!


ーAgendaー
時間 タイトルと概要 登壇者
17:00
~17:10
はじめに
今回のセミナーの概要をお知らせします

株式会社オムニバス 
代表取締役 COO 
矢野 茂樹

17:10
~17:40
狙うべきターゲットは「誰」か?
ローソンが進める大規模ID/POSデータを活用したお客様理解の取り組みについてご紹介します。購買データだけでは見えてこないお客様の「価値観」を浮き彫りにする手法とは。また、データを利活用するためのBIツールの商品供給メーカーを巻き込んだ活用について現状と今後の展望をお話します。

<モデレーター>
株式会社クレディセゾン 

取締役 デジタル事業部部長
兼 デジタルマーケティング部長 
磯部 泰之

<スピーカー>
株式会社ローソン
経営戦略本部 次世代CVS統括部
兼 商品戦略本部 マネージャー
小林 敏郎 氏

(10分休憩)
17:50
~18:20
カスタマーを幸せにするパーソナライズ
カスタマーを徹底的に観察してインサイトを得てきた野林氏と一緒にカスタマーを幸せにするパーソナライズについて考えます

<モデレーター>
株式会社 Kaizen Platform 
Co-founder & CEO
須藤 憲司

<スピーカー>
前 ローソンエンターメディア代表取締役社長
現 有限会社オフィスフレンジー代表
野林 徳行氏

18:20
~18:50
質疑応答
登壇者全員で皆様からのご質問に対し、お答えいたします

ー Speakers (アジェンダ順)ー
Mr.Yano.png
株式会社オムニバス 代表取締役 COO 
矢野 茂樹
 
アドテクノロジーを活用したデジタルマーケティング支援を行う 株式会社オムニバスの初期から携わる。
2016年同社代表取締役就任。
2017年4月にオムニバスのクレディセゾングループ入り後クレディセゾンの デジタル事業部も兼務し、セゾンデータを活用したサービスの開発・提供に従事。
Mr.Kobayashi.png

株式会社ローソン 経営戦略本部次世代CVS統括部 兼 商品戦略部 マネジャー
小林 敏郎氏
 
1997年 ローソン入社
1999年~ネットビジネス参入の企画、公式HPの企画運用担当。24時間365日稼働のコールセンターローンチ業務
2003年~ローソンCSカード(現在はクレディセゾン社に吸収合併)に出向しクレジットカード会員獲得の企画運用担当
2008年~ローソンにてカード分析や会員向け施策の企画運用
2010年~現在 ID-POSデータ分析/調査のほか、BIツールの設計/導入、外部データの分析を担当

Mr.Isobe.png

株式会社クレディセゾン 取締役 デジタル事業部部長 兼 デジタルマーケティング部長
磯部 泰之

1992年クレディセゾン入社。
営業企画やDBマーケティング推進業務に従事後、銀行・百貨店・コンビニ等との合弁会社へ出向。
その後経営企画部、広告宣伝部を経て、2011年よりデータビジネス事業企画、ネットビジネスでの新規事業開発を担当。
また、2015年VBとの事業シナジーを目的に設立した「セゾンベンチャーズ」にて取締役を兼任。 
2017年ネット事業部長、セゾン投信(株)取締役(現任)、(株)オムニバス取締役就任(現任)。
2018年より取締役 兼 デジタル事業部長。

Mr.Nobayashi.png

前 ローソンエンターメディア代表取締役社長、 現 有限会社オフィスフレンジー代表
野林 徳行氏

1987年リクルート入社。プロモーションプランニングを担当。カスタマーを知るを通じて業績貢献。2003年ローソン入社。執行役員として、マーケティング、エンタテイメント、商品開発などを担当し、数々のヒット企画を生み出した。2010年ローソンエンターメディアの代表取締役社長に就任。2012年レッグス専務取締役CMO就任。キャラクタービジネスを推進。2016年FiNC取締役CMO就任。ヘルスケアアプリのマーケティングを担当。現在は、ブックオフコーポレーション取締役、高木学園マーケティング講師、企業のマーケティング顧問。著書に「とことん観察マーケティング」。現場を知る、カスタマーを知ることでステキ創りをするための講演を展開中。

Sudoken-San.png

株式会社 Kaizen Platform Co-founder & CEO
須藤 憲司

2003年に早稲田大学を卒業後、株式会社リクルートに入社。同社のマーケティング部門、新規事業開発部門を経て、株式会社リクルートマーケティングパートナーズ執行役員として活躍。その後、2013年にKaizen Platform, Inc.を米国で創業。
現在は日本、US、韓国、台湾の4拠点で事業を展開。WebサービスやモバイルのUI改善する「Kaizen Platform」、動画広告改善の「Kaizen Ad」、世界40ヶ国10000人以上のネット専門人材ネットワークからクラウド上で企業のデジタルマーケティングチームを提供する「Kaizen team for X」を提供。

ー 開催概要 ー
開催日
2019年1月30日(水) 17:00〜18:50
(16:30受付開始)
会場
株式会社オムニバス
東京都目黒区東山1-4-4 目黒東山ビル3F
*東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」より徒歩約6分
対象

事業会社の
・デジタル戦略をお考えのマーケティング責任者の方
・経営企画室の責任者の方

定員
30名
*お申込み多数の場合は抽選となります。
参加料
無料
事前に参加証をお送りしますので、そちらをお持ちください。
*お名刺を2枚お持ちください
主催
株式会社クレディセゾン
株式会社オムニバス
株式会社 Kaizen Platform


ー応募多数につき、
セミナー申込を締切らせて頂きましたー